スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
about SOAPHEADS
SOAPHEADSの石鹸はすべて天然の物は天然に近い材料を使い、
All handmadeの石鹸を作っています。
私たちの体は、洗う時にその石鹸成分を食べるのと同じように、
体に取り入れています。
だったら食べる事と同じように、石鹸の事も選んで欲しいんです。

6種類のオイルをベースに作ってます。

オリーブoil     (イタリア)
マカダミアナッツoil (オーストラリア 未精製)
ココナッツoil    (フィリピン)
ホホバoil      (イスラエル 未精製)
米ぬか油       (日本)
ひまし油       (インド)      

食品グレードのオイルを使い
(一部コスメティックグレード、食用できなくてスキンケア用のオイルの為)
絶妙なブレンドから生まれる豊富で柔らかな泡立ちと、
洗い上がりの爽快感を味わってみてください。
そしてクレイや天然の素材から生まれる柔らかな色合いと、アロマテラピーに基ずく芳香浴も同時に楽しんで下さい。

あらゆる肌質から、そして心の内面にまで働きかけるような ヒーリングソープ を目指しています。

ただ、全ての肌質とかアレルギーに対応しているわけではありません。
初めてお使いになられる前に、パッチテストをお勧めします。
(ナッツアレルギーとかホントに怖いもんで・・・)

そして、自然界と私達の体に限りなく負荷を与えたくないので、
できる限りシンプルであるように、そしてごみを減らすように日々努力しております。
シンプルすぎるかもしれんけど、無駄はいらないね。



注、アロマテラピーについて。
以下、インド政府観光局パンフレットより抜粋。


アロマテラピーが登場して既に6000年になります。インドや他の東洋古代文明においては、植物のエッセンスが空気を浄める香りとして用いられました。アガルバディーやドゥープ(線香)などは、古代インドで用いられた方法で今もこの国で使われています。

近代アロマテラピーは、フランスの科学者ルネ・モーリス・ガットフォセが、エッセンシャルオイルを使用した療法を表すために「アロマテラピー」という言葉を作り出した1930年に開花しました。自分が手に火傷した際に、あとを残さず治したラベンダーオイルの効果に魅了された彼は、他のエッセンシャルオイルの効果や精神療法上の恩恵についても調査を開始したのです。

私たちの香りの感覚は、潜在意識の下で働きます。嗅覚神経は、香りの感覚を脳の一部へと導きます。脳は、私達の気分や感情、記憶、そして学習を調整し、制御します。脳波の周波数の研究によりラベンダーを嗅ぐことが、後頭部でリラクゼーションに関連するアルファー波を増加させることが判明しています。またジャスミンの香りはベータ波を増加させます。ちなみに、ベータ波は、前頭葉で、より覚醒的な状態に関連して発生します。

エッセンシャルオイルは、植物の葉、花、根、種子、樹皮そして樹脂等の植物物質に含まれています。それぞれのエッセンシャルオイルは100種類もの化合物を含んでおり、それらが合わさり一人の人間の心身全体に強力な効果を発揮します。

一つのオイルでどの成分が優勢であるかによって、そのオイルは異なる作用を発揮します。例えば、オイルによって、リラックスさせるものもあれば、鎮静させるもの、あるいは痛みを緩和するものがあります。オイルにより、有害な残留物質が発生することはありません。

アロマテラピーは、特に、ストレス、不安、心因性の各種の問題、筋肉やリューマチの痛み、消化器系障害、月経前緊張症候群、更年期障害、出産後の鬱病等、産婦人科医学分野の問題に特に効果的です。




































| SOAPHEADS | 01:46 | - | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 01:46 | - | - |
Trackback